HOME > 活動内容・報告

活動報告

ボランティア活動

福祉施設の訪問

images-3.jpeg  2016/9月

「グループホーム共永」様にてハンドタッチセラピーをさせて頂きました。
「アロマのボランティアは初めて」と言う共永様からのご要望もあり、敢えてお部屋には香りをディフューズせずに、タオルにエッセンシャル
オイルを垂らし、ほんのりと香らせて、リラックスしていただけるようにしました。
それぞれの悩み、不調箇所に応じてエッセンシャルオイルを選出し、優しい香りに包まれながら、日頃のお疲れを少しでも癒せるよう、お一人
10分ほどのハンドタッチセラピーをさせて頂きました。

はじめは、緊張されて身体に力が入っていた方も、時間が経つにつれてリラックスされ、ウトウトされる方もいらっしゃいました。
今回ハンドタッチセラピーを受けてくださったのは、全員女性で、施術が終わると「気持ちよかった〜」「ピカピカになった〜」
「綺麗になって若返ったわぁ」
など乙女のような表情になり喜んでいただけました。
皆様の喜ぶ顔を見ることができ、私もとても癒され、笑顔いっぱいの時間を共有できた事に感謝いたします。
入所者様へのセラピー終了後、施設のスタッフ様にもアロマトリートメントをご体感頂きました。
スタッフ様にもとても喜んでいただき、嬉しく思います。

IMG_5848 (1).jpg今後もボランティア活動を通じて、エッセンシャルオイルの有用性や、タッチセラピーで、触れ合うことの素晴らしさを
少しずつ広めていければいいなと思います。
グループホーム共永様のお心遣いとサポートのおかげで、私達もスムーズに楽しく活動させていただけました。
貴重なお時間を頂き、有難うございました。

                                       JATAメディカルアドバイザー 中谷麻里奈

IMG_5804.jpg2016/02/05
医療法人社団 千木福久会「介護老人保護施設 福久ケアセンター」様にて、「ハンドタッチセラピー」をさせていただきました。
今回は、施設内の広々としたレクリエーションルームに、爽やかで、どこか懐かしさのある「オレンジスイート」のエッセンシャルオイルをディフューズしながらの対応でした。
中には、初めての経験で、緊張されている方もいらっしゃいましたが、手と手がふれあい、優しく撫でられているうちに、心身の緊張が解れていかれるのを感じました。
お一人10分程の短い時間でしたが、静かに目を閉じて安らぎを感じていらっしゃる方、沢山の楽しいお話を聞かせてくださる方、
ただただニコニコ笑顔で見つめていらっしゃる方など、皆さん、それぞれの個性でリラックスしていただけたご様子でした。
お伺いさせていただいた私たちスタッフも、癒しを共有させていただく中で、皆さんの笑顔に触れさせていただき、沢山の元気な
エネルギーをいただきました。ありがとうございました。

images-5.jpegボランティア活動をさせていただいていると、「何してるの?」と見学に来られる入所者様や、アロマ(エッセンシャルオイル)の効果・効用について熱心に尋ねられる施設のスタッフ様もいらっしゃいました。
今後、引き続きボランティア活動をさせていだく中で、アロマテラピーやタッチセラピーの楽しさや、有用性をお伝えできたら
素晴らしいなと思います。
福久ケアセンターのスタッフの皆様のきめ細やかなサポートのお陰で、スムーズに会を進めさせていただくことが出来ました。
             大変お世話になり、ありがとうございました。

                                    JATAメディカルアロマアドバイザー  中川 沙智子


ボランティア活動

独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター
がん相談支援センター がん患者・家族サロン「Tomorrow」様にて

HTT1.JPG2016/03/23
独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター / がん相談支援センター がん患者・家族サロン「Tomorrow」様にて、ハンドタッチセラピーのプチセミナーを開催させていただきました。
当日、サロンでディフューズしたエッセンシャルオイルは、太陽のエネルギーと温もりを感じさせてくれる「オレンジ」です!
甘く、明るく、爽やかな「オレンジ」の香りの力の効果もあって、元気で前向きなセミナーとなりました。

今回のボランティア活動は、金沢医療センターに通院または入院をされているがん患者様ご本人とそのご家族を対象に、メディカルアロマテラピーの一つである「ハンドタッチセラピー」(肘から手のひら全体を優しく撫でるように行うセラピーで、心身ともにリラクセーション効果が得られます)をご指導し「ご家庭で継続的にケアできるようになって頂く」という主旨で活動させていただきました。

まず、私たちが驚かされたのは、技術のデモンストレーションを見つめる皆さんの真剣な眼差しと、意欲に満ちたその姿勢でした!
「自分の闘病生活に役立てたい!」「家族の闘病をサポートしたい!」という、非常に熱い思いが伝わってきました。

毎月催されるこのサロンでは、参加者様同士が既にお知り合いの場合もあれば、今回が初顔合わせという方もいらっしゃると伺っており、初対面でお互いの手を取りながら「タッチセラピー」をすることに抵抗が無いだろうか?と少し心配していましたが、いざ、相モデル(男性同士、女性同士)になって実習を開始してみると、積極的でありながら相手のことを思い合う、そんな優しさにあふれた学びの時間になっていました。
ふれあいの時を共に過ごし、その心地良さと安心感に包まれて大いにリラックスしていただけた様です。

セミナー後のティータイムでは、「ハンドタッチセラピーを母にしてあげたい!」「家族にしてあげたい!」

と、ご家族から患者様へはもちろん、患者様からご家族へというお声もたくさんいただき、
私自身、この活動を通して『誰かの役に立つ』ことの喜びを改めて実感でき、とても嬉しく思いました。

セミナーの数日後、金沢医療センターのスタッフ様がセミナー直後の皆さんの感想のお声を届けて下さいました!

「アロマってこんな気持ち良いもんやったんやねぇ~」
「手を触られとるだけでも気持ちいいわぁ~」
「人の手ってこんなに温かいんやねぇ~」

心から嬉しく、是非また皆さんにお会いする機会をいただいてメディカルアロマテラピーの楽しさや素晴らしさをお伝えしたいと思っています。
今回も、参加された皆さんとの楽しい会話と笑顔に癒され、たくさんの大きな愛を感じられるボランティア活動となりました!

活動の前後に渡ってきめ細かくサポートして下さったスタッフ様には心からお礼を申し上げます。
有難うございました。

       JATA認定メディカルアロマアドバイザー 中川 沙智子